2005年10月19日

フジハラビル。

051019_134436.JPG051019_134436.JPG051019_134343.JPG

「フジハラ亭」会場のレトロなビル。
今日はパンフの表紙に使うイラストを描きに行ってました。
ガッシリとしたこのビルは1923年に建てられたので、今年で82歳!

スクラッチタイルが素敵な正面の壁面。
ビルの床の赤色は、弁柄粉と特殊なペンキを混ぜたものをオーナーの藤原さんが自ら塗ったもの。
いたるとことにオーナーの手作りな感じが味わえます。

地上4階、地下1階建てで、落語会は4階でしてます。
階段しかないので上り下りは大変ですが、その階段にもいろいろ飾られてて‥‥
ほんと、中に入るとまたいろんな発見がありますよ〜。

ここに来ると時間を忘れます。

※フジハラビルへは、
■地下鉄「南森町」駅下車、CB出口より‥
■JR東西線「大阪天満宮」駅下車、JRB出口より‥
→天神橋筋商店街を南へ徒歩5分、突き当りのセブンイレブンを左折、すぐ。 
posted by shinkichi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8359656

この記事へのトラックバック

フジハラ亭落語会
Excerpt: 2005/10/22 @アートギャラリー・フジハラ 笑福亭 呂竹 「色事根問」桂 しん吉 「河豚鍋」桂 つく枝 「嬶違い」―― 中入り ――桂 しん吉 「狐芝居」 (作: 小佐田定雄)―― お茶のじか..
Weblog: 山葵的日常
Tracked: 2005-10-23 01:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。